投資物件はアパートで決まり!合理的な資産運用

マンション

初めて購入する場合の選択

グラフ

購入する際のポイント

投資物件としてアパートが人気を集めています。区分マンションでは、空室になると家賃収入がまったく入らなくなる恐れがあります。それに対し、アパートは一室が空室になっても、家賃収入が0になることはありません。また、土地の評価額も高く、融資が受けやすいメリットがあります。初めて投資物件を購入する方は、区分マンションよりアパートを選択するといいでしょう。アパートを購入する際には、2つのことを重視して選ぶことが重要です。1つ目のポイントが、立地です。最寄り駅から徒歩10分以内であるか、スーパーや医療機関、金融機関、学校が近くにあるかを必ず確認しましょう。2つ目のポイントが、将来性です。当該エリアで開発が行われる計画がある場合には、投資物件の価値を上げることができます。どのような開発計画があるのか、事前に調べておきましょう。

中古と新築の特徴

投資物件としてアパートを選択する場合には、中古物件か新築物件かも重要なポイントです。中古物件は購入価格を抑えることができるため、高い利回りを得やすいメリットがあります。ただし、想定外の修繕費がかかるケースもあり、念入りに水回りを確認することが重要です。ある程度の知識や経験が必要となってくることも、中古物件のデメリットです。一方、新築物件は、購入価格が高くなるデメリットがあります。しかし、耐震性の心配をする必要がなく、入居者を確保しやすいメリットがあります。また、当面修繕費を用立てする必要がないほか、最新の設備を備えていることも魅力的です。初めて投資物件を購入する方は、新築物件を購入すると安心できます。

土地活用で資産形成をする

建物

土地を遊ばせておくと税金を取られて資産価値が減少します。資産価値を高めるためには有効活用をすることです。一棟マンション投資ではリスクが少なくなるので人気があります。マンション投資のリスクは空室が出ることですが、一棟マンション投資なら部屋数が多いので、空室が出ても他の家賃収入で補うことができます。

View Detail

投資をすることで

インフォ

都心としてもベッドタウンとして人気の高い京都では、不動産投資の人気が高くなっています。京都で不動産投資を成功させるには、その時の様々な需要を知ることが大切になります。高速無線インターネットが快適にできる環境は、情報化時代の中でとても人気となっています。

View Detail

様々な機会などを

講義

無料の不動産投資セミナーは、東京をはじめとした各地で盛んに行われています。こうした不動産投資セミナーに参加することで、不動産に関する様々なデータに詳しくなることも可能となります。ビジネスはリスクがありますので、様々なデータを客観的に分析することがとても大切になります。

View Detail